帽子の使い方を見直しましょう

頭のニオイケアを意識したら帽子のかぶり方に気をつけるといいですよ。帽子をかぶることが好きな人は頭皮が汗で蒸れやすくなります。冬はまだいいんだけど汗をかく季節になったら帽子はかぶらない方がいいくらい。時と場合にもよるけどいつも帽子をかぶっている状態は頭のニオイが出る原因になります。通気性が良い帽子に変えるとか、帽子の中にタオルを入れるとか対策を考えないと薄毛の原因にもなってしまいます。

たとえばダンスをやっている人は踊っているときも帽子をかぶりますが踊り終わったら帽子を取りましょう。汗をかいたまま放置していると抜け毛が増えたり頭のニオイが強くなります。そのニオイは帽子にも染みつきますし汗がしみこんだ帽子を使っていると頭のニオイがいつまでも解消しません。通気性が良い帽子であってもちゃんと手入れしましょう。汗を拭き取って陰干ししたり、たまには手洗いすると安心です。手入れをサボっていると頭のニオイの原因にもなりますし薄毛の原因にもなりますよ。

帽子が頭のニオイの全てじゃないですよ。帽子の扱いを間違えると頭のニオイがひどくなると言いたいだけ。通気性が悪くてサイズが合っていない帽子を愛用しているとどんなに髪に気を遣っていてもニオイは減りません。頭のサイズに合った帽子をときどきかぶるくらいにしていつもかぶる習慣は変えた方が良いでしょう。かえって帽子をかぶらない方が頭のニオイ解消になりやすいんです。男性は薄毛隠しのために帽子を手放せないこともあるけど、その場合は帽子の種類を変えるとかいくつか帽子を揃えておくと良いです。汗をかいたら必ず手入れして使うことを忘れずに。
こうして大切に帽子を使っていると頭のニオイも変わります。外で帽子をかぶったら室内では帽子を脱ぐともっと良いですね。室内で帽子をかぶっているとマナーがなっていないとみられることもあります。帽子は日焼け対策として使うくらいがちょうど良いのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です